ブログのインターフェイス

最近やたらとブログのサイトが増えてきた。
最初のころはどうも違和感があったけれども、
最近慣れてきた気がする。

その違和感というのはたぶんインターフェイス
によるものだろう。

ブログのインターフェイスはもともと時系列で
表示することを目的としており、ニュース式に
投稿されることが多かった。

それが最近では CMS 的な使い方をされる
ことが多くなり、だれもかれもがブログでHPを
立ち上げられるようになってきた。

更新もらくらくだしそれはそれで良いことだと思う。
慣れてくればそれなりに見られるようになってくる。

話は少し飛ぶがHPってのは、情報の質と情報の見せ方
の2面性がある。質がよくてもなんかみづらいなー、
とか、見やすくても内容が面白くないなー、とか。

最近思うのは、ブログツールを使うことによって
そのみづらくて埋もれててた情報が表面化してきたなー、と。
個人レベルでの貴重な情報がブログという
統一化されたインターフェイスで閲覧できるというのは、
今さらながらインターネットならではの醍醐味だと思った。

その反面、どこも似たりよったりのデザインになり、
そういう意味ではオリジナリティは減ったかもしれない。

ただ「考え方や思いを文章などにして発信する」という行為自体が
オリジナリティであるとぼくは考えているので、
デザインはあまり問題ではないかもしれない。

特にブログの場合は、すでに XML 化も始まっているので
今後は情報の質がより問われるようになるだろう。