1人の大スターから100人の小スターへ

相撲や野球を始めとするスポーツ業界は
大スターの出現を待つ(もしくは演出する)のではなく
ニッチと多様性を前提とした小スターのPR戦略に切り替えなければならない。

音楽や映像をはじめとするエンタメ業界は、
ミリオンセラーやランキング重視から
趣味の多様化にそったニッチなアーティストの作品を誰でも触れられる機会をさらに増やさなければいけない。

従来の社会からインターネット社会に移行する中では、
全ての構造がピラミッド型ヒエラルキーからピアツーピア型ネットワークに変わってくる。

すでに個人レベルでのライフスタイル、ワークスタイルに変化が見え始めてきた。
この変化が社会全体に波及しはじめたらどうなるだろうか?

時代は常にダイナミックに変わっている。